クルマを売るにあたって準備しておくもの

クルマを売る前に、売却がスムーズに進むように必要なものをあらかじめ準備しておきましょう。クルマ買い取り専門店は査定に来た時に価格が折り合えばそのまま現金を支払って持ち帰ることがあります。すぐに現金化したいという場合にとても便利なので、そんな場合のためにも必要なものを解説します。


・車検証

クルマの流通に絶対欠かせない書類です。通常はクルマのダッシュボードに入れてあると思いますので、それが有効かどうかを一応確認しておいてください。車検がすでに切れているクルマを売りに出す場合は、買い取り店にそのことを伝えておいてください。事前に仮ナンバーを取得するなどの手続きが必要になる場合があります。


・譲渡証明書

クルマを売買するには、譲渡証明書が必要です。譲渡証明書には旧所有者から新所有者に対してクルマの所有権を移転することに同意するという効力があるので、これがないと新所有者はクルマを自分の名義にできません。泥棒がダッシュボードに入っている車検証と丸ごと盗んできたクルマを登録しようとしても、譲渡証明書がそれを阻止するという仕組みになっています。

普通車と軽自動車では譲渡証明書の扱いが微妙に異なります。
普通車は譲渡証明書という名前の書類が用意されていて、そこに旧所有者の住所と名前、そして実印が必要です。実印が必要ということは印鑑証明も必要になります。

軽自動車の場合は若干手続きが簡略化されていて、名義変更の書類に旧所有者が譲渡に同意したことを記入する欄があるだけです。印鑑も三文判で構わないので印鑑証明も不要です。
こうした書類は一般の人が家に常備しているという性質のものではないので、通常はクルマ買い取り店など買い取りを行う業者が持っています。普通車の場合は事前に印鑑証明を取得しておいて、買い取り店が用意した譲渡証明書に必要事項を記入、実印を押すのがスムーズでしょう。
軽自動車の場合は三文判だけを用意しておけばOKです。


・付属品、説明書など

新車で買った場合はクルマの付属品や説明書などがあったはずなので、それらの中で残っているものはすべて用意しておきましょう。中古車で購入した場合は最初からこういったものがない場合も多いので、その場合は無しで構いません。

それほど大きく査定価格に影響するわけではありませんが、付属品や説明書などがちゃんと揃っていることを好むユーザーもいるので、その分だけ査定価格が高くなる可能性があります。


・クルマのキー(ある分だけ全部)

クルマのキーは、ある分だけ全部用意しておきましょう。最近のキーはキーレスエントリーやリモコン型など複雑になってきているのでスペアを作るとなると高額になることも多く、キーが1本しか残っていないよりも2本、3本とあるほうが査定はプラスになります。

この傾向は特に高級車で強く見られ、それだけスペアキーを作るのにお金がかかることを示しています。





コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。