車買取は今が一番高いと心得よう

中古車は年式が古くなると価格が落ちていきます。一部のヴィンテージ的な価値を持つクルマ以外はこの法則がもれなく該当するので、クルマを売りたいと思ったとしたらその瞬間が一番高い価格がつく時です。

特に、これから乗ることが少なくなる、もしくはなくなるという場合であればクルマを持っておくだけというのは非常にもったいないことです。放置しているだけでクルマの価値が下がる上に、何らかのトラブルでさらに査定が下がってしまうようなことがあるかも知れません。

もう手放すことが分かっているのであれば、とにかく早めに行動することをおすすめします。

・モデルチェンジで旧モデルは価格が下がる

国産車は4年に1回、欧州車はおおむね8年に1回、モデルチェンジがあります。もちろんこれは人気のある車種に限ったことで、人気のない車種はモデルチェンジされることなく消えていきます。

これに加えて、それぞれ半分くらいの期間が来た頃にマイナーチェンジがあります。こうした自動車業界の動きを踏まえてクルマを高く売るには、モデルチェンジがありそうな時期が来たらそれよりも前に売ってしまうことが得策です。

現行モデル(まだモデルチェンジされていない最新モデル)を売りたい場合はなおさらで、一旦フルモデルチェンジがあると「先代モデル」になってしまいます。先代になった時の値落ちは想像以上に大きく、「もっと早く売っておけば良かった」という声が後を絶ちません。

思い立ったらすぐに売る、これはクルマを高く売る最大のセオリーなのです。
なお、すでに何度もフルモデルチェンジを経た旧型車も現役でたくさん走っていますが、ここまで古くなるとあまりモデルチェンジの影響を受けなくなります。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。